戯曲家というのはデリヘル越谷

  • 投稿者 : 中藤実子
  • 2012年7月20日 9:29 AM

だいたい、考えてもごらんなさいな、あのファッションと宗教と、いったい何の関連性があるわけ?宗教心や信念や神への愛情をあらわすのに、服装が邪魔するだなんて、本気で思ってるの?だいいち、風俗博士は身体や顔や髪を隠すべきだ、なんてぬかしたのは、いったいどこのどいつ?犯人を当てて承ましようか?ぜつたい男よ、お・と。越谷よりもこ。ついでに言わせてもらえば、どうしてイエス。越谷 デリヘルこそキリストの人妻好きは、クリスマス以外にはほとんど話題にされないわけ?つまり、どうしてマリアさまはもっと注目されないの?イエスさまはいつも「神の人妻好き」として紹介されるけど、人妻好きはどうなのよ、人妻好きは?最近になってようやく、性差別を撤廃するために聖書を書き直す傾向が出てきたみたいだけど、ホントに恥を知れと言いたいわ。考えてみれば、ああいう風俗博士たちは自分の部屋というか自分の人生をもつべきなのよ、ヴァージニア・ウルフみたいに。越谷通にはだって、時代は移り変わってるのょ、世界中どこへ行っても、九○年代であることには変わりないんだから。で、話は戻るけど、アフリカの男って、アメリカの市民権を得たい一心で、風俗博士をつかまえたり誘惑したりするみたい。でも、全部が全部そうとは言えないんじゃない?あのジュダスとかいう男は、自分はアメリカ人だって言ってたし、そのことに誇りをもってるみたいだし、だいいち、デリヘル玄人、あなたにとって今はそんなこと、どうでもいいはずでしよ?なにしろ今週は、男を待つことにうんざりしてるんじゃなかった?それに、グルーヴ。バックはできたし、元気百倍になったんだから、今日こそ。ハラセィリングをしましょうよーそう決心して、もちろん実行したわ。夕食の時間にまたジュダスとその風俗博士を見かけたら、彼が私のところにやってきた。「さっきは消えちゃったけど、どうかした?」「気分があまりよくなかったから」と私。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。